うめぞの茶房

1 / 2

ひとりふたつはいただける和のプティフールのような可愛らしさ。蕨粉や寒天などを生かした、ぷるんとした食感が、暑い夏に涼を呼ぶ。かざり羹も、飲み物も季節のメニューが楽しみ。

まるで宝石のような 和スウィーツに出逢う

1927年創業の甘味処、「梅園」の3代目・西川葵さんが今年オープンした新感覚の和菓子店。「和菓子離れが進んでいるので」と水羊羹に近い食感で白餡やこし餡にフルーツを組み合わせた、洋菓子のようなスウィーツ「かざり羹」を創作。人気のカカオやレモンなどの定番に、夏はマンゴーなど季節の味が加わります。京都の和菓子に新風が吹き込みます。

INFORMATION基本情報

店名 うめぞの茶房
店名(ひらがな) うめぞのさぼう
住所 京都市北区紫野東藤ノ森町11―1
TEL 075-432-5088
営業日時 11時30分~19時(L.O.18時30分)
定休日 不定休
予約
URL http://umezono-kyoto.com/nishijin/
コメント

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

かざり羹は、フルーツがおいしさの秘密です。

,
『婦人画報』2016年8月号「感動の京都」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US