白峯神宮

1 / 3

サッカーやバスケットボールなど、プロスポーツの選手も多数訪れている。

ユニークなスポーツお守りが人気の蹴鞠(けまり)の神様

 「白峯神宮」は、1868(明治元)年に明治天皇の勅命により創建され、ともに配流の地で亡くなられた崇徳天皇と淳仁天皇の御霊が合祀されています。この地は蹴鞠と和歌の宗家・飛鳥井家の邸宅があったところで、摂社に鞠の守護神「精大明神」が祀られていることから、近年はサッカーなどの球技をはじめ、スポーツ全般の神様としても注目を集めています。スポーツのほか、技芸上達にもご利益があり、お守りも人気です。

INFORMATION基本情報

店名 白峯神宮
店名(ひらがな) しらみねじんぐう
住所 京都府京都市上京区今出川通堀川東入ル飛鳥井町261
TEL 075-441-3810
営業日時 参拝(開門)時間:8時〜17時 (祈禱等受け付けは15時まで)
定休日
予約
URL http://www10.ocn.ne.jp/~siramine/
コメント 境内に湧く「飛鳥井」は、清少納言の『枕草子』にも登場する名水。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

鞠の守護神、精大明神が祀られている同宮では、毎年4月14日の春季例大祭と7月7日の精大明神例祭で、京都蹴鞠保存会による蹴鞠の奉納があります。古式に則り、雅な貴族の遊びが再現されます。

,
『婦人画報』2012年2月号 別冊「京都の神社」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US