妙心寺 大心院宿坊

1 / 4

毎朝6時から行われるお勤め。読経後は住職の法話も。

全員一緒の朝ごはんで国際交流

妙心寺は、小さな塔頭が建ち並ぶ街のような寺。その中に二つの宿坊があります。ひとつは料理教室でも有名な「東林院」、もうひとつが、この「大心院」。京都の宿坊の中でももっともシンプルで料金が手ごろ、そしてもっとも宿坊らしい体験ができるのがこちらです。多くの宿坊には「○○会館」という名がついており、お寺本体とは別に宿泊用の建物がありますが、ここでは、お寺の建物の中に泊まります。襖で仕切られた簡素な部屋ですが、その分、風情はひとしお。庭園に面した部屋もあり、静けさの中、ひとり思索にふけってみたくなります。 朝食は完全な精進料理で、はじめていただいた時には、背筋が伸びる思いがしました。味噌汁もお菜も、はっとするほど新鮮で優しいお味です。こちらは外国人も受け入れており、朝食も一緒にいただきます。彼らも日本の食文化に惹かれてやってきたらしく、「いただきます」と手を合わせる美しい習慣をよく知る人もいました。

INFORMATION基本情報

店名 妙心寺 大心院宿坊
店名(ひらがな) みょうしんじ だいしんいんしゅくぼう
住所 京都市右京区花園妙心寺町57
TEL 075-461-5714
営業日時
定休日
予約
URL
コメント 一泊朝食付き5,000円(税込) (1名料金)IN15時(夕食希望の場合は、〜18時) OUT10時 門限21時(消灯22時) ※朝の勤行は自由参加。 ※夕食の精進料理は 4,000円(税別)〜。申し込み時に要予約。 ※電話で空室確認のうえ、往復葉書で申し込み。 ※カード不可。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

文/吉田さらさ 撮影/高嶋克郎 ,
『婦人画報』2013年12月号 「京都の宿」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US