三福

1 / 8

やはり人気は鴨川に面した部屋。川面で遊ぶシラサギや冬のユリカモメなど、目の前に広がるのどかな景色を眺めているだけで、気持ちが安らぐ。

鴨川のせせらぎと、温かなもてなしが迎える花街の宿

 花街・先斗町に溶け込むように佇むこちらは、お茶屋だった建物を買い受け、3室限定の片泊まりの宿として昭和25年に創業。川に面した2室からは鴨川や東山が望め、川の瀬音や木々の緑が目や耳から涼しさを運んでくれるよう。「ここでは何も気を遣うことはいりませんし、鴨川の景色を見てリフレッシュしてもらえれば」と、女将の稲原由紀美さん。宿泊客の予定を聞いて京都の地図を渡したり、鴨川をどりのチケットを手配したり、時には相談相手になったりと、細やかで家庭的なもてなしにリピーターは多く、親子3代で利用する人もいるそうです。稲原さんのお母さんが丹精込めた朝ごはんは、おばんざいを中心としたボリュームたっぷりのもの。愛情いっぱいの献立にほっこりなごみます。

INFORMATION基本情報

店名 三福
店名(ひらがな) みふく
住所 京都府京都市中京区先斗町三条下ル
TEL 075-221-5696
営業日時
定休日
予約
URL
コメント 1泊朝食付1人13,800円。 IN14時 OUT11時 全3室

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

2階の川に面した客室に飾られているのは、箕(み)と呼ばれるざるに入ったお多福。「ここでいろんなものを落として、福だけ持ち帰ってほしい」という願いから、宿を「三(箕)福」と名付けられたそうです。

撮影/高嶋克郎 取材・文/中井シノブ ,

RECOMMEND

FOLLOW US