京都生ショコラ

1 / 5

チョコレート好きな方への京都土産として喜ばれること必至。冷凍便での宅配にも対応してくれる。

元シェフが辿り着いた、京都で食す至高の生チョコ

在ニューヨーク日本国総領事館のフレンチシェフとして腕を振るっていた中西広文さんが、京都・岡崎の築100年を超える大きな町家で始めた生ショコラの店。2005年のオープン当初は、京都では生ショコラはまだ珍しかったといいます。「これに出合ったことで生ショコラが完成した」という修道院の尼僧が造るリキュールを用いて独自の製法で作られる生ショコラは、見た目はシンプルですが、とろけるような食感と奥深い味わい。今や全国的に知られる店になりました。口溶けまろやかな「スウィート」ドミニカ産有機カカオマスを使用した「ビター」、宇治産の抹茶をふんだんに使用した「抹茶」の3種の詰め合わせが人気です。やわらかな口どけで、珈琲にもお酒にも合う大人好みの味わいです。

INFORMATION基本情報

店名 京都生ショコラ
店名(ひらがな) きょうとなましょこら
住所 京都市左京区岡崎天王町76-15
TEL 075-751-2678
営業日時 12時〜18時
定休日 月・火曜
予約
URL http://www.kyoto-namachocolat.com
コメント

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント


『うつわやあ花音』オーナー

梶裕子さん

「見た目はシンプルですが、素材の持ち味がストレートにつたわります。お使い物にするなら、きちんと手作りされているものがいいねすからね」

,
『婦人画報』2015年2月号 「京都ショコラ」掲載, 2013年8月号別冊「108人の京都人がすすめる、ほんとうは教えたくない京の「うまいもん」108軒」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US