紙司 柿本

1 / 3

豊富な種類の紙から生み出される、秀逸なオリジナル小物

 江戸時代末期に創業した紙専門店「紙司 柿本」。京都市役所に近く、風情ある寺町通り沿いの店舗には、国産の生漉き紙や友禅紙など、数多くの和紙が並んでいます。洋紙類も、1枚から取り寄せることが可能です。また、「手染懐紙」(10枚788円)や季節の一筆箋(8枚735円)など、オリジナルの小物も充実。写真の「青楓の型紙」(368円)のように、手紙や懐紙にあしらうアイテムも人気があります。(※写真はイメージです)「紙を通して文化を創造する」を理念に掲げ、「言の葉大賞」を主催するなど、活動は和紙の販売だけに留まりません。

INFORMATION基本情報

店名 紙司 柿本
店名(ひらがな) かみじかきもと
住所 京都府京都市中京区寺町二条上ル常盤木町54
TEL 075-211-3481 
営業日時 9時〜18時
定休日 不定休
予約
URL http://www.kyoto-kakimoto.jp/
コメント 寺町通りは豊臣秀吉によって造られた道。老舗が多い町並みも歴史を感じさせる。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

明治の文豪が愛用したといわれる木版摺り原稿用紙など、紙の専門店ならではの品が並びます。

,
『婦人画報』2010年8月号別冊「買いたい京都」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US