井雪

1 / 9

テーブルの部屋も備えた2階南側の客室は、見事な桜の景色が目の前に広がる。

建具の美しさ、細部のしつらいに日本の宿の心地よさが凝縮

 円山公園内を東へと進んだ奥の奥。木々に囲まれた一角に見えてくる数寄屋造りの建物が、一日3組限定の旅館「井雪」です。3代続くこの宿は、いわゆる“一見さんお断り”ではありますが、女将さんとお母さんのもてなしや佇まいに惹かれ、国内外からファンが訪れます。 明治時代に造られた日本建築は、使いやすく手を加えられながらも、当時の姿を留め、凝った造りの建具や階段など、無垢材の美しさが際立ちます。客室それぞれに趣があり、「お気に入りの部屋を毎回予約されるお客様も、よくおられます」と、女将さん。祇園からすぐという場所にあるとは思えない静寂のなか、手入れが行き届いた庭を眺め、日常を忘れてくつろぐ時間は、何よりの贅沢といえそう。 また、こちらは客室から望む満開の桜の景色でも知られていますが、じつは初夏の新緑、秋の紅葉などもおすすめ。できれば季節を変えて訪れたい一軒です。

INFORMATION基本情報

店名 井雪
店名(ひらがな) いゆき
住所 京都府京都市東山区円山公園上
TEL 075-561-2132
営業日時
定休日
予約 ※完全紹介制
URL
コメント 25,000円〜(1泊1食 税・サービス料別) IN14時 OUT11時 全3室

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

4月上旬には、宿の玄関をとり囲むようにソメイヨシノが満開に。2階の和室は風に散る花びらが入り込み、風情たっぷり。桜の名所である円山公園の借景はもちろん、宿の四方に桜が咲いているので、どの部屋からも桜を眺めることができる。

撮影/大川裕弘 高嶋克郎 取材・文/中井シノブ、山本真由美 ,
『婦人画報』2012年4月号「桜の宿」、2013年12月号 「京都の宿」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US