壹錢洋食 本店

1 / 5

こぼれんばかりのグザイが入った「壹錢洋食」。ぎっしり詰まった具と軽やかな薄皮、甘辛ソースが絶妙の味わいを醸す。

祇園散策の途中に立ち寄りたい、庶民派おやつの決定版

 京都・祇園は縄手通。店頭の真っ赤な提灯と大きな看板、今にも紀州犬に嚙みつかれそうな男の子の人形。昼はもちろん、夜でもひときわ目を引く奇抜な店構えに、ぶらり祇園歩きの足を止める人の多いこと! レトロな風情の店内をのぞき込む人、おいしそうな匂いの上がる鉄板に興味津々で「壹錢洋食ってなに? テイクアウトできるの?」と尋ねる人。1枚から気軽に出前を頼むご近所さんから修学旅行生や外国人観光客まで、多くの人に親しまれる祇園名所の一つです。メニューには「ただ是一品 壹錢洋食」という潔い文字。今のお好み焼きのルーツともいわれ、大正から昭和の初めごろに子どものおやつとして親しまれていた「壹錢洋食」。当時は出汁で溶いた小麦粉に刻んだねぎをのせて焼き、ウスターソースをかけただけの簡単なスナックでしたが、「ソースがかかっていれば洋食」という時代に1銭で食べられる手軽なおやつとして、大変人気があったとか。現在こちらで販売しているものは、たっぷりの九条ねぎに甘辛く煮たこんにゃくや牛肉、ちくわ、天かす、卵、紅しょうがなどが入った平成の改訂版。往年の味を再現というよりも、おいしいものがあふれた現代に合わせ、「より進化したおいしさ」を追求したものといえるでしょう。注文後に焼き始めるのでいつでも出来たてあつあつ。焼き上がったばかりの「壹錢洋食」を、瓶入りのラムネや冷えたビールと店内で味わうのが最高ですが、しっかりした味付けだから「冷めてもおいしい」「一晩置いたほうがおいしい」というファンも。あなたはどちらを試したいですか?

INFORMATION基本情報

店名 壹錢洋食 本店
店名(ひらがな) いっせんようしょく ほんてん
住所 京都府京都市東山区縄手通四条上ル祇園町北側238
TEL 075-533-0001
営業日時 11時〜翌3時(平日) 10時30分〜22時(日曜、祝日)
定休日 無休
予約
URL http://www.issen-yosyoku.co.jp/
コメント テイクアウト用に抹茶あんみつゼリーもあり。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

「壹錢洋食」のソースの辛さは3種類。お客さんのお土産用にと、深夜には祇園のお茶屋さんからも注文が入ります。

,
『婦人画報』2012年8月号 別冊「京都街角グルメ」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US