服部織物

1 / 1

西陣織の伝統を今に伝える帯の老舗

 1780年代の創業より、帯ひと筋の道を歩んできた「服部織物」。金箔や銀箔を織り込む西陣ならではの引箔技法など、伝統の技を今に伝えます。西陣にある本社の糸棚には、帯に使われるカラフルな絹糸がずらりと並び、見ているだけで幸せな気分になります。一方で、時代に合わせた作品を世に送り出すべく、新たな挑戦も。常務取締役の服部一正さんは、時代に即したきもののデザインやプロデュースを手がける傍ら、「男子着物を羽織る会」の顧問を務めるなど、活躍の場を広げています。

INFORMATION基本情報

店名 服部織物
店名(ひらがな) はっとりおりもの
住所 京都府京都市中京区御池上ル御池之町319
TEL 075-256-0080
営業日時 9時〜17時
定休日 土・日曜、祝日
予約
URL http://www.hattoriorimono.co.jp/
コメント 古くから織物の町として栄えた西陣織の本場・西陣。その呼び名は応仁の乱で西軍の本陣が置かれたことから。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

西陣の数ある織屋のなかでも100年以上続いている織屋はわずか数軒とか。

撮影/高嶋克郎 ,
『婦人画報』2011年11月号「『京都の老舗』でお誂えしませんか」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US