大徳寺 聚光院

1 / 2

女優の檀れいさんが感動した、聚光院の狩野松栄の襖絵。

大徳寺 聚光院で秘宝を拝む

2016年に創建450年を迎えた聚光院。今年3月から2017年3月26日までの1年間、京都国立博物館に寄託された狩野永徳とその父、松栄による本堂障壁画46面(すべて国宝)が9年ぶりに里帰りし、特別公開されています。もとある場所に収まり、立体的に見ることができる狩野親子の襖絵は、永徳の描いた奥に、父の絵があったり、親子の対話が聞こえてきそうな空間です。

INFORMATION基本情報

店名 大徳寺 聚光院
店名(ひらがな) だいとくじ じゅこういん
住所 京都市北区紫野大徳寺町58 
TEL 075-231-7015(京都春秋事務局)
営業日時 8:45(受付開始) / 16:00(最終受付)
定休日 HPで確認のこと
予約 京都春秋事務局HPにて予約が好ましい
URL http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-jukoin
コメント 拝観料:2,000円

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

  • 建物の構造上、車いすでの拝観はできません。
  • 境内は撮影禁止です。
  • 拝観のご案内は約40分間です。拝観中はスタッフの誘導に従ってください。

撮影/森山雅智 ,
『婦人画報』2016年8月号「感動の京都」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US