大黒屋鎌餅本舗

1 / 2

豊作への願いが込められた、鎌の形の名物餅

 1897(明治30)年に創業し、当代で3代目となる和菓子の老舗。有名な「鎌餅」(210円)は、かつて京の七口の一つ、鞍馬口の茶店で、旅人や地元農家の人々に供されて評判だったお餅を、初代が復活させたものです。餅粉を蒸し、砂糖を加えながら練りあげたお餅で黒糖風味の餡を包んであり、のびのよいお餅ととろりとした餡の上品な味わいが、甘いものが苦手な人にも人気です。稲を刈る鎌の形をかたどった細長い姿には、豊作への願いが込められています。

INFORMATION基本情報

店名 大黒屋鎌餅本舗
店名(ひらがな) だいこくやかまもちほんぽ
住所 京都市上京区寺町通今出川上ル4丁目西入ル阿弥陀寺前町25
TEL 075-231-1495 
営業日時 8時30分〜20時
定休日 第1・3水曜
予約
URL
コメント 竹の皮で包んだ昔ながらのでっち羊羹もおすすめ。

MAP 地図

周辺のスポットを表示する 食べる・飲む: 食べる・飲む  泊まる: 泊まる  買う: 買う  観る・体験する: 観る・体験する

COMMENT コメント

婦人画報編集部

取材メモから

鎌餅は一つずつへぎ板で包まれ、ほのかな木の香りが。稲刈りの様子が描かれた包装紙も味があります。

,
『婦人画報』2011年7月号別冊「京都味土産」掲載

RECOMMEND

FOLLOW US