• TOP
  • 京都の今日と明日
  • 二月

    雨水

    23 FEBRUARY, 2019 SAT

    友引 / 旧暦:1月19日
    七十二候:第4候 土脉潤起
    候の解説:たなびく霞が山野を覆う。湿度の高い、日本ならではの情景。

    曇時々晴

    12℃/ -

    • 二月の解説「如月」
      立春を迎える2月は、旧暦では一年の始まりにあたる月です。春の兆しを感じさせるものの、まだまだ冷え込む日々が続きます。「きさらぎ」の由来は、その寒さゆえに「衣をさらに着る」とする説も。
    • 季節の解説 節気「雨水」
      降り積もった雪や、水辺を覆っていた氷がとけて水になり、再び姿を見せた大地や川に、春の近さを感じます。水がぬるみ、雪が雨へと姿を変える季節。昔はこの時季から農作業の準備を始めていました。
  • 二月

    雨水

    24 FEBRUARY, 2019 SUN

    先負 / 旧暦:1月20日
    七十二候:第5候 霞始靆
    候の解説:たなびく霞が山野を覆う。湿度の高い、日本ならではの情景。

    晴のち曇

    13℃/3℃

    • 二月の解説「如月」
      立春を迎える2月は、旧暦では一年の始まりにあたる月です。春の兆しを感じさせるものの、まだまだ冷え込む日々が続きます。「きさらぎ」の由来は、その寒さゆえに「衣をさらに着る」とする説も。
    • 季節の解説 節気「雨水」
      降り積もった雪や、水辺を覆っていた氷がとけて水になり、再び姿を見せた大地や川に、春の近さを感じます。水がぬるみ、雪が雨へと姿を変える季節。昔はこの時季から農作業の準備を始めていました。

1/5

1月中頃から3月頃まで、約50品種・約1,500本の梅が咲き競う梅の名所、北野天満宮。梅を愛した菅原道真公を祀っているため、様々な種類の花を拝見することができます。 撮影/中田 昭

  • しだれ梅と椿まつり(〜3/22)/城南宮
  • 五大力尊法要/積善院準堤堂
  • 五大力尊仁王会/醍醐寺金堂
  • JR京都駅ビル大階段駆け上がり大会/京都駅

RECOMMEND

FOLLOW US